RuckusWireless / ラッカスワイヤレス

広くつながる、干渉に強い無線LANを構築

スマートフォンやタブレットの急速な普及により、無線ネットワークの構築が急増しています。街中にWi-Fiのステッカーが貼られ、駅やカフェで公衆無線LANを利用するのは、もはや無意識のうちに行われています。 Wi-Fiを利用することが前提のスマートデバイスの急増は、企業内の無線LAN環境についても状況を大きく変えています。1ユーザがノートPCを1台だけ利用するのではなく、ノートPCとタブレットとスマートフォンといったように複数のデバイスを利用するようになり、社内を広くカバーし干渉に強く、安定した通信が出来るWi-Fiが必要になってきました。 Ruckus WirelessのWi-Fi製品は、公衆無線LANサービスを提供する事業者さまや、既存の無線LAN環境を拡充する企業さまに最適な高いパフォーマンスを提供します。

RuckusWireless ここがお勧めです

ラッカスワイヤレスのSmart Wi-Fiシステムは、特許を取得した「BeamFlex」技術により広範囲なカバレージと安定した通信が可能です。高い耐干渉性と干渉を回避する機能により、干渉の激しい環境でもスループットを維持します。商業施設やホテルの利用者向けのWi-Fiサービスの構築や、学校などの公共施設でのホットスポットの提供に最適です。もちろんスマートデバイスの利用が活発化し、パフォーマンスの高い無線LANを求める企業にも最適なソリューションです。 また、アクセスポイント1台あたりのカバレージが広く、少ない台数でも良好な接続環境を実現できるため、全体としてのコストを抑えることができます。
Point 1
特許技術でつながりやすい
Point 2
広いカバーエリア
Point 3
干渉に強い
Point 4
豊富なラインナップ
Wi-Fiを利用することが前提のスマートデバイスの急増は、企業内の無線LAN環境についても状況を大きく変えています。 1人のユーザーがノートPCとタブレットとスマートフォンといったように、複数のデバイスを利用するようになります。その為には広いエリアをカバーし、干渉に強く安定した通信を提供できるWi-Fiシステムを選ぶ必要があります。 Ruckus Wirelessは、Wi-Fi製品に特化したメーカーです。業界最先端の無線技術を発明し、55以上の特許を取得しています。 この技術により、信号パターンをリアルタイムに制御し、干渉や障害物を回避します。 最適経路を選択することで、アクセスポイントのカバレッジを広げるとともに、スループットも向上させます。

特許技術[ BeamFlex ]が実現する”つながりやすさ”

特許を受けえた BeamFlexはビームを操作するアンテナ技術です。アクセスポイントに内蔵されたアンテナアレイと、自己学習型のスマートアンテナソフトウェアによる技術が、多数のアンテナパターンを生成します。クライアントの通信状況を把握し、パケット単位で通信nに最適なパターンを自動選択するので、優れた到達距離とキャパシティを実現します。もっと見る

広いカバーエリア

BeamFlex技術により広範囲なカバレージと安定した通信が可能です。また、高い耐干渉性と干渉を回避する機能により、干渉の激しい環境でもスループットを維持します。 商業施設やホテルの利用者向けのWi-Fiサービスの構築や、学校などの公共施設でのホットスポットの提供に最適です。もちろんスマートデバイスの利用が活発化し、パフォーマンスの高い無線LANを求める企業にも最適なソリューションです。 アクセスポイント1台あたりのカバレージが広いので、少ない台数でも良好な接続環境を実現できます。システム全体としてのコストを抑えて、良好なWi-Fi環境の提供が可能です。

通信を安定させる、干渉への強さ

アクセスポイントが密集するような場所では電波干渉が発生し、通信に支障が生じることがあります。干渉の無い環境では各製品とも同等のスループット値でも、干渉の激しい環境ではスループットに大きな差が出ます。 あらゆる環境で安定した通信のためには耐干渉性が重要になります。

小規模から大規模まで、種類豊富なラインナップ

営業所や店舗等の小規模な施設から、ビルやイベント会場等の大規模な施設まで、無線環境を実現するラインナップが揃っています。又、屋内と屋外用それぞれのモデルが用意され、それぞれの環境に適した外観と、アンテナ形式が用意されています。もっと見る

その他、Smartな機能

スマートメッシュ機能 有線を使わずに無線アクセスポイントのみでメッシュ接続が可能。環境の変化に柔軟に適応できます。
ダイナミックチャンネル管理機能 定期的にチャネルのサーベイをおこない、自動的に最適なチャネルに変更します。
クライアントロードバランス機能 近くにアクセスポイントが複数ある場合に、クラインと均等に接続させる機能です。 コントローラがアクセスポイントに接続させるクライアント数を制御します。
帯域誘導機能 混雑している2.4hz帯から、空いている5Ghz帯への誘導を自動的に行います。
アクセスポイントレベルでの QoS機能 ボイス、ビデオ、データのプライオリティ付など、アクセスポイントレベルで QoS を設定可能です。
公平な Airtime の提供機能 クライアントごとに、ラウンドロビン方式で均等に Airtime を提供します。 高速なクライアントが、低速なクライアントに引きずられることなく、最適な通信が可能です。