Barracuda Networks / バラクーダネットワークス WAF

Webアプリケーションの脆弱性を狙った攻撃を徹底ブロックし企業の信用力を高める

顧客情報などの流出は、信用の失墜・賠償責任などを企業にもたらします。脆弱性対策として、セキュアプログラミングによるWebアプリケーションのセキュリティ向上をさせても、常にバージョンアップが必要となり、膨大なコストが発生し続けるものです。こうした問題を解決するのがサーバサイドに設置するWebアプリケーションファイアーウォール、通称WAF。 Barracuda WAFは、2007年よりWAFの国内販売台数シェアNo.1※。一般企業はもちろん、ECサイト、xSP、金融機関、行政、大学など、幅広い業種にご提供しています。Webアプリケーションを脅威から守り、Webサービスのセキュリティを極限まで向上させます。

Barracuda WAFが選ばれる理由

Barracuda WAFは、ブラックリストをシグネチャ提供するので、短時間で導入が可能です。設置に要する時間は30分程度、すぐにお使いいただけます。

開梱後30分、シグネチャで XSS/SQLインジェクション対策完了

Barracuda WAFは、ブラックリスト型を採用することで、攻撃定義シグネチャにより既知のXSSやSQLインジェクションに対する防御対策が完了するため最新の攻撃にもすぐに対応が可能です。Barracuda WAFをネットワークに接続し、電源をオンにするだけですぐさまWebアプリケーションの保護が可能。その間わずか30分。攻撃定義ファイルは10分~30分毎に更新され、バラクーダセントラルから最新のものをダウンロードすることで、常に最新の攻撃を監視/解析を実施します。 攻撃定義ファイルでは、クロスサイトスクリプティング、SQLインジェクション、リモートファイルインクルージョン、ディレクトリトラバーサル、OSコマンドインジェクションなどの攻撃をブロックすることが可能です。

L7 DDoS、IPレピュテーション対策が可能

日本語化された見やすく理解しやすいインターフェース

国内で販売される多くのWAFの管理GUIが日本語対応されていない中、Barracuda WAFは日本語化を実現。直感的な操作感に多くの企業から満足の声をいただいています。また日本国内のお客様のために、独自の日本語セットアップガイドを作成・配布をしているため、手軽にセットアップ・チューニングが可能です。
Webファイアウォールログ画面では、攻撃の一覧と適用されたルールを確認することができます。ログの検索や修正も可能です。