BeamFlexとは?

スマートアンテナを利用したアンテナ技術で、Wi-Fi通信の距離を伸ばし、パフォーマンスを上げ干渉があっても通信を継続することが可能な技術です。
・ スマートアンテナで多数のアンテナパターンを生成
・ 自己学習した最適なアンテナパターンをパケットを送信する都度選択し適用する
・ 優れた到達距離、キャパシティー、信頼性で、通常より30~40%少ないAP数で 同一環境をカバー
・ 高い耐干渉性と高度な干渉回避効果がある

BeamFlexの特長

BeamFlexはビームフォーミングを使います

ビームフォーミングは予め定義されているアンテナパターンを使い分ける技術です。

様々な電波の状態や規格に対応

通信状況により、最適な出力方法を自動選択。角度によって生じるPolarization(偏波)も調整可能です。 又、802.11 a/b/g/n、又は802.11 a/b/g/n/acの各企画に対応しています。

BeamFlexの動作

・ クライアントの位置を把握し最適なアンテナパターンでWiFi信号を送信
・ クライアントの移動を自動で検知、追跡し、最適なアンテナパターンを使い分けて対応
・ 干渉を発見し、自動で干渉回避。WiFi信号を高品質、高パフォーマンスに保つ
・ 通常はカバレージホールとなってしまう場所も到達可能なアンテナパターンを探して対応